--- 山岳写真家 大野崇の公式ホームページ ---

HOME > PROFILE > 全日本山岳写真協会

全日本ロゴ.tif

全日本山岳写真協会について

「全日本山岳写真協会」は、山岳に関する写真、自然の写真を通して会員相互の親睦と、写真表現技術の向上、および一般写真文化の普及発展の一翼を担うべく設立されたプロ・アマ合同の全国組織の団体です。 昭和22年(1947年)、塚本閤治( 故人、初代会長)、小合正勝(故人、元相談役)、等により創立。創立後、川崎吉蔵(故人、元山と溪谷社社長)を加え、当時の山岳写真界のリーダー的性格を明確にしました。その後、名称を日本山岳写真協会とし、1977年全日本山岳写真協会と改称しました。写真展も創立と同時に第1回山岳写真展を桜田会館で開催。以後、第2回展を東京山岳写真同人と合同で開催し、会場も日本橋白木屋、小西六ギャラリー、京王百貨店等と変わり、年々実績を重ね、1964年度展より、東京新宿小田急グランドギャラリーにて開催され、この年より全国山岳写真愛好家に呼びかけ、公募部門を設け「全日本山岳写真展」として、プロ・アマ不問の全国規模の写真展となり多くの山岳写真愛好家の注目を集めるようになりました。1991年度展は池袋サンシャインシティで開催、創立45周年を迎えた1992年は山と溪谷社より写真集「山稜の四季」を発刊。以降、写真展を東京芸術劇場で開催。2007年に創立60周年を迎え、現在約450名の会員を擁しています。

活動内容

月例会&月例コンテスト

RIMG0052s.jpg月例会は月1回(8月を除く)、東京池袋にて19時より開催しています。 内容は事務からの連絡、月例コンテスト、写真の勉強会、会員の山行報告、メーカーによる製品紹介等を行っています。

月例コンテストは隔月でカラーの部とモノクロの部を実施し、各人が自慢のプリントを持ち寄って行います。会員の互選により順位を付け、年間の累計点で年度賞を決定します。作品の講評は、会員の中から過去の実績に基づいて選ばれた複数の「選考委員」が行いますが、年に2回は外部講師を招致し内部とは違った101020_RIMG0035.jpg観点での講評、講話をお願いしています。月例コンテストへのエントリーは郵送による参加も可能です。
また、撮影会が行われたあとには、月例会の場で「撮影会ミニコンテスト」も行われます。

月例会終了後は公式行事ではありませんが、有志で二次会へ流れます。仕事のため例会に出られず、二次会から参加という会員も。山談義、写真談義で終電間際まで盛り上がります。


撮影会

撮影会1.jpg会員の親睦と撮影の技術の向上を目的に、年に3~4回季節を変えて実施しています。最近の実績は、上高地、立山、八方尾根、戸隠、美ヶ原、八甲田山、北八ヶ岳、銀山平など。ベテラン会員からアドバイスを受けたり、撮影スタイルを参考にする良い機会といえます。撮影会で撮影した作品によるミニコンテストも実施しています。


全日本山岳写真展

写真展1.jpg全日本山岳写真協会最大のイベントで、1992年以降は毎年9月に池袋・東京芸術劇場の展示ギャラリーで開催しています。
会員の部、公募の部、小中校生コーナー等合わせて展示作品数400点という規模は、山の写真展としてはおそらく日本最大級と思われます。優秀な作品には協会賞ほか、各後援、協賛からの賞を頂くことができ、参加者の大きな励みになっています。
写真展には毎年見に来て下さる熱心なファンも多く、会期中は毎朝開場前から行列ができ、写真展2.jpg土曜日の午後は空調が効かなくなるほど、好評を博しています。また写真展会場では作品集やポストカードも会場限定で販売しており、こちらも毎年楽しみにされている方々が多くいらっしゃいます。


●一般公募作品募集のお知らせ
毎年「全日本山岳写真展」では一般公募作品を約50点ほど募集し、入選作品については会期中に全紙で掲示します。入選者には全日本山岳写真協会の入会資格が与えられ、各官庁、各スポンサー賞の対象にもなります。毎年6月初旬が締切ですので、是非応募をお待ちしています。
全日本山岳写真展リンク

●小中高生の作品募集のお知らせ
「全日本山岳写真展」は68年の長きにわたり写真を通して山国日本の自然風土、生活等をみつめ大勢の来場者より好評を博している写真展です。全国の小中高生の皆様に、改めて美しい日本の自然を観察し、興味を持っていただけることを願い、作品を募集します。
全日本山岳写真展リンク


月報

月報s.jpgB5判8ページの月報を毎月発行しています。内容は、月例会のお知らせと報告、会員への連絡事項、月例コンテスト結果と講評、写真機材・技術の解説、撮影会報告、会員からの寄稿等です。全国の会員同士をつなぐ役割を担っています。


入会条件

本協会が主催する「全日本山岳写真展」で作品の一般公募を行っており、これに入選することが入会資格となります。
または理事会の審査を受け承認されることとし、当会が実施する上記の月例会、月例コンテスト、撮影会、写真展等の事業に参加できることが条件となります。
なお、理事会による審査は、作品10点を提出して頂き、厳正に行います。

公募は毎年6月初旬が締切となっています。山岳雑誌や写真雑誌に告知広告を掲載します。詳細については今年の写真展の案内より募集要項をダウンロードして頂くか、協会事務局へお問い合わせくだされば、募集要項をお送りしています。

●入会の主な費用(参考)
   入会金¥10,000
   年会費¥15,000
   写真展費用¥20,000~70,000程度
   撮影会参加費¥20,000~30,000程度

入会案内はこちらからダウンロード出来ます → LinkIcon「全日本山岳写真協会」入会案内


全日本Mark_s.jpg全日本山岳写真協会 事務局
 〒130-0026
 東京都墨田区両国2-2-14三木ビル202
 TEL/FAX: 03-3634-8030
 ※ 在席時間は原則として10時~ 17時 ( 土、日、祝を除く)
 全日本山岳写真協会HP: http://sangakusyashin.art.coocan.jp/




「全日本山岳写真協会」
公式HPはこちらから

全日本ロゴ.png

入会案内

全日本山岳写真協会の入会案内はこちらをダウンロードしてください。

LinkIcon「全日本山岳写真協会」入会案内

全日本山岳写真展図録販売

全日本山岳写真展の会場限定販売の
図録「山稜」をここでも販売します

「全日本山岳写真展」の作品図録「山稜」(撮影地付)を販売します。作品集としてご鑑賞頂くだけでなく、撮影地や撮影データを参考にしていただき、今後の撮影ポイントの候補選びなど、これからの山岳写真撮影のご参考にもなります。一般書店では販売していません。ご希望の方は是非こちらをご利用ください。 バックナンバーもありますのでお問い合わせください。

お問い合わせ・ご注文はこちらLinkIcon

山稜2018ss.jpg

2017山稜001s.jpg

2016山稜001ss.jpg

山稜2015s.jpg

2014山稜s.jpg

2013山稜s.jpg

山稜2012s.jpg

山稜 2011s.jpg

山稜 2010s.jpg

山稜2009s.jpg

山稜2008.JPG