--- 山岳写真家 大野崇の公式ホームページ ---

プロフィール(Profile)

大野 崇(おおの たかし)

20120804_RIMG0620.JPG1961年、東京に生まれる。
高等学校時代、山岳部に所属し登山の楽しさ、厳しさを知る。大学卒業後、自動車メーカーの研究所に就職。30歳頃より仕事の傍ら、独学で山岳写真を撮り始める。国内の主要な山域を撮影する一方、ヨーロッパ・アルプスに憧れ、1995年から毎年フランスのシャモニ・モン・ブランを拠点に、大中判カメラを使用してアルプスの山岳風景を撮影。
2009年よりデジタルカメラも使用し、よりアクティブな山岳写真を追及。


2005年、全日本山岳写真展 協会賞受賞。
2006年、全日本山岳写真協会 同人「遙」の一員として、山岳写真展「山の気」を
      富士フォトサロン/東京(有楽町)にて開催。 同時に写真集「山の気」
      (東京新聞出版局)を出版。 
2008年、初の個展『Massif du Mont-Blanc ~モン・ブラン山群の魅力~』を日仏交流   
      150周年記念イベントとして、5月 富士フイルムフォトサロン/東京 ( 東京ミッド
      タウン)、6-7月 フランス、シャモニ・モン・ブラン(ホテル・アルピナ)、そして
      10-12月にシャモニ・富士吉田 姉妹都市30周年記念事業として富士山
      レーダードーム館(富士吉田 /山梨)で開催。
      写真集 「Massif du Mont-Blanc モン・ブラン山群」を山と溪谷社より出版。
2010年、東京銀座、EIZOガレリア銀座にて個展「Le Vent des Alpes」開催。
      カラーマネジメントによるインクジェットプリントによる作品を展示。
2013年、東京銀座、EIZOガレリア銀座にて個展「Le Vent de Corse ~コルシカの風~」開催。
      2012年に訪れたコルシカ島の作品を一堂に展示。
2016年、大野崇写真展「Massif du Mont-Blanc Ⅱ Monochrome
   ~モン・ブラン山群Ⅱ モノクロームの世界~ を11月よりキヤノンギャラリーで開催。
       (11月:銀座、12月:福岡、1月:名古屋、2月:札幌)
      写真集第二弾 「Massif du Mont-Blanc モン・ブラン山群ⅡMonochrome」を
      山と溪谷社より出版。
2018年、山岳写真同人 遙 写真展「山の気」をリコーイメージングスクエア新宿で開催。
ヤマケイカレンダー「美しき世界の山」(山と溪谷社)に2006年版から毎年作品を掲載。 

・全日本山岳写真協会会員。
・山岳写真「遙」同人

使用した撮影機材はこちらLinkIcon

Takashi Ohno (English)

Takashi Ohno was born in Tokyo in 1961. He climbed mountains from student. He started to take mountain pictures from thirty years old. He has taken mountain photos of major Japanese mountains. Since 1995, he has visited Chamonix Mont-Blanc in France every year to take the mountain pictures of the Alps. In 2006, he joined the group "Haruka" and held the photo exhibition of "Yama-no-Ki (Spirit of the Mountains)“. In 2008, he held his photo exhibition of "Massif du Mont-Blanc" at Tokyo, Fuji-yoshida and Chamonix Mont-Blanc as the event of the 150th anniversary of French-Japan relations and he published his photo book of "Massif du Mont-Blanc" by Yama-Kei Publishers. His photos are also published in the calendar of "The Splendor of World Mountains“ by Yama-Kei Publishers every year. He is a member of the "All Japan Alpine Photograph Association"

Takashi Ohno (Français)

Takashi Ohno est né à Tokyo en 1961. Il a grimpé montagnes d'étudiant. Il a commencé à prendre des photos de montagne de trente ans. Il a pris des photos de montagne de montagnes japonaises majeures. Depuis 1995, il a visité Chamonix Mont-Blanc en France chaque année pour prendre les photos de montagne des Alpes. En 2006, il a joint le groupe "Haruka" et a tenu l'exposition de la photo de "Yama-Aucun-Ki (Esprit des Montagnes)." En 2008, il a tenu son exposition de la photo de du de Massif" Mont-Blanc" à Tokyo, Fuji-yoshida et Chamonix Mont-Blanc comme l'événement du 150e anniversaire de relations de Japon français et il a publié son livre de la photo de du de Massif" Mont-Blanc" par les Éditeurs Yama-Kei. Ses photos sont aussi publiées dans le calendrier de "La Splendeur de World Mountains" par les Éditeurs Yama-Kei chaque année. Il est un membre du "Tout le Japon Association de la Photographie Alpine"

全日本ロゴ.png

関連書籍

写真集「Massif du Mont-BlancⅡ Monochrome」

好評販売中!
写真集カバー2.jpg
モン・ブラン山群の魅力を紹介した写真集の第二弾はモノクローム。光と影を巧みに使って表現したモノクロームの精緻な作品だけでモン・ブラン山群の魅力を紹介します。 フランス側・イタリア側から見た多彩な表情のモン・ブランや、圧倒的な迫力を見せるグランド・ジョラス北壁などの有名山岳をはじめ、アルプスの山の魅力をひとつひとつ丁寧に表現しました。 モノクローム写真だからこそ見せることができた、モン・ブラン山群の魅力を凝縮して紹介します。
こちらからお申込みの方には
サイン入りでお送りします

ご注文はこちらLinkIcon

写真集「Massif du Mont-Blanc」

写真集カバーS.JPG
モン・ブラン山群の新たな魅力を紹介した写真集です。ヨーロッパ・アルプスの中でも「岩と雪の世界」に魅せられ、13年間にわたってモン・ブラン山群を撮り続けました。今回あえて国内初となる「モン・ブラン山群」だけの写真集を「山と溪谷社」より出版しました。白く輝くモン・ブランと、取り巻く秀峰や氷河、季節の変化や時間の流れを、麓から頂上まで日本人としての視点にたって詩情にあふれる写真で表現しました。是非ご覧ください。
こちらからお申込みの方には
サイン入りでお送りします

ご注文はこちらLinkIcon

写真集『山の気』
全日本山岳写真協会同人「遙」著

写真集表紙(帯付き)小.JPG 2006年10月、富士フォトサロン/東京(有楽町)で開催した山岳写真展「山の気」開催と同時出版の全日本山岳写真協会11人による同人「遙」の写真集。「山の気」という言葉を統一テーマに、山での大気の動き、気配、雰囲気など、五感に語りかけてくる「気」と言うものを収めました。作品ごとの画題はすべて漢字一文字で表現。名峰、秀峰ばかり集まる写真とは異なり、観ていただく方に山の空気感、大気感、流れる季節や時間を体感していただけると思います。

ご注文はこちらLinkIcon

関連書籍

山と溪谷 2016 12月号

山と溪谷 2016 12月.jpg
2016年に発売の月刊誌「山と溪谷」12月号に「Massif du Mont-BlancⅡ Monochrome」の写真6枚を巻頭グラビア6ページ(P.10-15)に掲載しました。2016年11月~2017年2月のキヤノンギャラリーでの写真展および2016年11月出版の写真集出版に向けて大きな宣伝効果となりました。

山と溪谷 2008 6月号

山と溪谷 2006 6.jpg
2008年に発売の月刊誌「山と溪谷」6月号に「Massif du Mont-Blanc」の写真3枚を巻頭グラビア6ページ(P.4-9)に掲載しました。5月の富士フイルムフォトサロンの写真展および写真集出版に向けて大きな宣伝効果となりました。

山と渓谷 2006 7月号

山と溪谷 2006 7.jpg
2006年に発売の月刊誌「山と溪谷」7月号に 2005年に妻とのモン・ブラン登頂記録「生きる証 ガンを克服するためのモン・ブラン登頂への道」(P.171 文と写真 大野崇)を掲載しました。厳しいガン治療を乗り越える大きな目標となった、モン・ブラン登頂。国際ガイドの江本悠滋氏のリードにより見事、登頂に成功しました。ガンのみならず、闘病生活を送る多くの方々の励みになれば幸いです。

ROCK & SNOW 043

R&S 043.jpg
山と溪谷社刊のROCK & SNOW 043 春号 P.45 「ヨーロッパ三大北壁スピード登攀」の記事にグランド・ジョラス北壁とアイガー北壁の写真を掲載しています。是非ご覧ください。スイス人ガイド、ウエリ・シュテック(32)は昨年2月にアイガー北壁2時間47分、12月にグランド・ジョラス北壁:2時間21分、今年1月にマッターホルン北壁:1時間56分といずれも最短時間でソロ登攀。新記録によるスピードクライミングの三部作を1年足らずで完成したのです。