--- 山岳写真家 大野崇の公式ホームページ ---

Photo Gallery

富士フォト版4s.JPGSpace 1:
写真展 『Massif du Mont-Blanc』 ~モン・ブラン山群の魅力~
2008年 5月の富士フイルムフォトサロン/東京 、6月~7月のシャモニ・モンブラン「ホテル・アルピナ」(フランス)、10月~12月に山梨県富士吉田市「富士山レーダードーム館」で開催した作品です。

ここをクリックLinkIcon

EIZO版(断ちしろ無)-Final2s.jpgSpace 2:
写真展 『Le Vent de Corse ~コルシカの風~』
2013年 1月8日~19日まで銀座の「EIZOガレリア銀座」で開催しました写真展の作品を中心に掲載した作品集です。

ここをクリックLinkIcon

DM_Final_s.jpg Space 3:
写真展 『Massif du Mont-BlancⅡ Monochrome』
    ~モン・ブラン山群Ⅱ モノクロームの世界~
2016年11月17日のキヤノンギャラリー銀座から始まり、福岡、名古屋、札幌と、2017年2月15日まで全国を巡回しました。モノクロームによるモン・ブラン山群の新たな魅力をお楽しみください。

ここをクリックLinkIcon

_NowPrinting.jpg Space4: 工事中

関連書籍

写真集「Massif du Mont-BlancⅡ Monochrome」

好評販売中!
写真集カバー2.jpg
モン・ブラン山群の新たな魅力を紹介した写真集の第二弾はモノクローム。光と影を巧みに使って表現されたモノクロームの精緻な作品だけでモン・ブラン山群の魅力を紹介します。 フランス側・イタリア側から見た多彩な表情のモン・ブランや、圧倒的な迫力を見せるグランド・ジョラス北壁などの有名山岳をはじめ、霧のなかに浮かぶ針峰群、斜光にきらめく氷河、漆黒の空へと伸びるナイフリッジ、硬質な輝きを見せる花崗岩の岩肌、等、アルプスの山の魅力をひとつひとつ丁寧に表現しました。 誰もが手軽に写真を撮れるようになった今の時代、モノクローム写真だからこそ見せることができた、アルプスの山々の魅力を凝縮紹介します。
こちらからお申込みの方には
サイン入りでお送りします

ご注文はこちらLinkIcon

写真集「Massif du Mont-Blanc」

写真集カバーS.JPG
モン・ブラン山群の新たな魅力を紹介した写真集です。ヨーロッパ・アルプスの中でも「岩と雪の世界」に魅せられ、13年間にわたってモン・ブラン山群を撮り続けました。今回あえて国内初となる「モン・ブラン山群」だけの写真集を「山と溪谷社」より出版しました。白く輝くモン・ブランと、取り巻く秀峰や氷河、季節の変化や時間の流れを、麓から頂上まで日本人としての視点にたって詩情にあふれる写真で表現しました。是非ご覧ください。
こちらからお申込みの方には
サイン入りでお送りします

ご注文はこちらLinkIcon

2019 ヤマケイカレンダー
「美しき世界の山」 10月掲載

2818853130s_a.jpgヒマラヤ、アンデス、ヨーロッパアルプス、ロッキーなど世界の名峰カレンダー。 地球上に残された秘境「神々の座」や魅力溢れる山岳風景を、日本を代表する山岳写真家が写し撮った世界の名峰の数々。
定 価:1400円+税
発行年月日:2018年9月28日発売

ご注文はこちらLinkIcon

2018 全日本山岳写真展図録「山稜」

山稜2018ss.jpg2018全日本山岳写真展」の作品集(撮影地付)が完成しました。作品図録としてご鑑賞頂くだけでなく、撮影地や撮影データを参考にしていただき、今後の撮影ポイントの候補選びなど、これからの山岳写真撮影のご参考にもなります。一般書店では販売していません。ご希望の方は写真展会場またはこちらをご利用ください。

ご注文はこちらLinkIcon

写真集『山の気』
全日本山岳写真協会同人「遙」著

写真集表紙(帯付き)小.JPG 2006年10月、富士フォトサロン/東京(有楽町)で開催した山岳写真展「山の気」開催と同時出版の全日本山岳写真協会11人による同人「遙」の写真集。「山の気」という言葉を統一テーマに、山での大気の動き、気配、雰囲気など、五感に語りかけてくる「気」と言うものを収めました。作品ごとの画題はすべて漢字一文字で表現。名峰、秀峰ばかり集まる写真とは異なり、観ていただく方に山の空気感、大気感、流れる季節や時間を体感していただけると思います。

ご注文はこちらLinkIcon