--- 山岳写真家 大野崇の公式ホームページ ---

HOME > SALE TOP > 写真集/書籍の販売

< 写真集・書籍等の通信販売 >

以下の写真集を販売いたしています。
なお送料は発送地区、数量により別途頂きます。

ENTER

【好評販売中】
大野崇 写真集『Massif du Mont-Blanc』
~モン・ブラン山群Ⅱ Monochrome~

写真集カバー2.jpg
著者 : 大野 崇 著
発行 : 株式会社 山と溪谷社
価格 : 2,800円 +税 
書籍サイズ : A4変型判(28.2 x 21.4 x 1.2 cm)  80ページ
ISBN-10: 4635546594
ISBN-13: 978-4635546591
発行年月日 : 2016年11月17日

※本サイトからお申込みの方には直筆サインをお入れいたします。
  その旨をお知らせの上、下記までお申込ください。


【内容紹介 Amazonより】
ヨーロッパ・アルプスの最高峰、モン・ブランを中心としたアルプスの山々を、20年以上にわたって撮り続けてきたカメラマン・大野崇による写真集。 フルカラーの大型写真集であった前作と同じ体裁のなかで、光と影を巧みに使って表現されたモノクロームの精緻な作品だけでモン・ブラン山群の魅力を紹介する。
フランス側・イタリア側から見た多彩な表情のモン・ブランや、圧倒的な迫力を見せるグランド・ジョラス北壁などの有名山岳をはじめ、霧のなかに浮かぶ針峰群、斜光にきらめく氷河、漆黒の空へと伸びるナイフリッジ、硬質な輝きを見せる花崗岩の岩肌、等、アルプスの山の魅力をひとつひとつ丁寧に表現。 誰もが手軽に写真を撮れるようになった今の時代、撮影者の技術と表現意図が明確に現れるモノクローム写真だからこそ見せることができた、アルプスの山々の魅力を凝縮した写真集。

ご注文はこちらLinkIcon

大野崇 写真集『Massif du Mont-Blanc』
~モン・ブラン山群~

写真集カバーM.JPG
著者 : 大野 崇 著
発行 : 株式会社 山と溪谷社
価格 : 本体 3,000円 +税
書籍サイズ : A4変型判(28.2 x 21.4 x 1.2 cm)  88ページ
ISBN : 978-4-635-54645-4
発行年月日 : 2008年05月29日

※本サイトからお申込みの方には直筆サインをお入れいたします。
  その旨をお知らせの上、下記までお申込ください。


モン・ブラン山群の新たな魅力を紹介した、大野崇 写真集初出版です。
ヨーロッパ・アルプスの「岩と雪の世界」に魅せられ、これまで13年間にわたってモン・ブラン山群を撮り続けてきました。白く輝き続けるモン・ブランと、それを取り巻く秀峰や氷河、季節の変化や時間の流れを、麓から頂上まで日本人としての視点にたって詩情にあふれる写真で表現しました。写真展「Massif du Mont-Blanc」の図録と言う位置づけではなく、1冊の写真集として作品選択からデザインまで1から見直した自信傑作です。地元シャモニの書店に並ぶ写真集にも負けない素晴らしい作品となりました。

ご注文はこちらLinkIcon

別冊PEAKS「山岳写真塾」(枻出版社)の”私が選ぶ好きな「山岳写真集」”の中で、
国際山岳ガイドの江本悠滋さんに写真集「Massif du Mont-Blanc」をご紹介頂きました。  

Peeks 写真集紹介s.jpg
← クリックすると拡大します



2019年 山と溪谷社カレンダー「美しき世界の山」

2818853130s_a.jpg定 価:本体:1,400円 + 税
発行年月日:2018年9月28日発売
ページ数: 28ページ
サイズ: 大判A (300x380mm)
用 途:壁掛け
発行: 山と渓谷社
商品ID:2818853130
ISBN: 9784635853132


ヒマラヤ、アンデス、ヨーロッパ・アルプス、ロッキー。地球上に残された秘境「神々の座」や、魅力あふれる山岳風景を、日本を代表する山岳写真家たちが撮った世界の名峰カレンダー。 2006年から毎年、ヨーロッパ・アルプス、アラスカを中心に「世界の美しき山」カレンダーに掲載して頂いています。2019年版は10月の「秋彩のモンテ・ビアンコ(モン・ブラン)」です。是非1年間世界の名峰をお楽しみください。


10月 秋彩のモンテ・ビアンコ(モン・ブラン): 大野 崇
2018ヤマケイカレンダー10月s.jpg黄金色に彩るカラマツを求め、久しぶりに秋の時期にモン・ブラン山群のイタリア側に来ました。シェクルイ周辺から望むイタリア側のモン・ブラン(イタリア名でモンテ・ビアンコ)はフランス側から見る真っ白な雪で覆われた女性的な山容とは異なり、険しく切り立った岩壁に囲まれた男性的な山容です。夏はハイカーで賑わうイタリア側のハイキングコースも秋は山小屋も閉まりとても静かな山歩きを楽しむことが出来ます。


※手持ちの在庫は少ないため終了後は書店または出版社よりお求めください。

出版社への注文はこちらからLinkIcon

2018 全日本山岳写真展作品集「山稜」     
(撮影地図付)

山稜2018ss.jpg
著者 : 全日本山岳写真協会
発行 : 全日本山岳写真協会
価格 : 2,000円
書籍サイズ : 22 x 22 x 1.0 cm

在庫は完売しました。
ご希望の方は下記の全日本山岳写真協会事務局へお問い合わせください。


毎年恒例の全日本山岳写真協会主催「全日本山岳写真展」の作品集(撮影地付)です。展示作品の中から選りすぐりの作品を撮影地付きの地図とともに紹介しています。作品図録としてご鑑賞頂くだけでなく、撮影地や撮影データを参考にしていただき、今後の撮影ポイントの候補選びなど、これからの山岳写真撮影のご参考にしていただければと思います。一般書店では販売していません。写真展開催時のみの販売ですので、遠方の方などお求めになれなかった方は是非こちらをご利用ください。

ご注文はこちらLinkIcon

※ 「山稜」のバックナンバーを特価でお譲りいたします。
  特別価格: 1,500円 (2018.09.11現在)
   在庫: 2007年:3冊のみ

ご注文はこちらLinkIcon

全日本山岳写真協会事務局
〒130-0026 東京都墨田区両国2-2-14 三木ビル202
TEL/FAX 03-3634-8030
メール: zennihon-ssk @ herb.ocn.ne.jp
    メーラーが起動したら@の両側のスペースを削除してください
    (迷惑メール対策のためにスペースを入れています)

写真集『山の気』 全日本山岳写真協会同人「遙」著

写真集表紙(帯付き)小.JPG
著者 : 全日本山岳写真協会同人「遙」 著
発行 : 東京新聞出版局
価格 : 本体価格2,800円 +税
書籍サイズ : A4判 上製(25 x 26 x 1.2 cm)  82ページ
ISBN : 4-8083-0857-6
発行年月日 : 2006年10月25日

※残り僅かになりました。ご希望の方はお早めに!


山岳美の深淵を探る。 2006年10月、富士フォトサロン/東京(有楽町)で開催された山岳写真展「山の気」開催と同時に出版した全日本山岳写真協会のメンバー11人による同人「遙」の写真集です。私もメンバーの一員として参加しました。「山の気」という言葉を統一テーマに、山での大気の動き、気配、雰囲気など、五感に語りかけてくる「気」と言うものをファインダーでとらえ、フィルムに収めました。作品ごとの画題はすべて漢字一文字で表現し、我々と「山の気」との語らいそのものをあらわしました。名峰、秀峰ばかり集まる写真とは異なり、観ていただく方に山の空気感、大気感、流れる季節や時間を体感していただけると思います。私の掲載写真は以下の7枚になります。 P.7  「燈」 暮れる立山・大日岳方面より、P.18 「湧」  雨上がりの南岳より、P.21 「惺」  残雪の大喰岳より、P.37 「遙」 朝光の観音岳より、P.38 「瞬」  光の彩り・樅沢岳より、P.52 「凛」 烈風の地蔵尾根上部より、P.72 「炤」 月光の雷鳥沢キャンプ場より。

ご注文はこちらLinkIcon


関連書籍

山と溪谷 2016 12月号

山と溪谷 2016 12月.jpg
2016年に発売の月刊誌「山と溪谷」12月号に「Massif du Mont-BlancⅡ Monochrome」の写真6枚を巻頭グラビア6ページ(P.10-15)に掲載しました。2016年11月~2017年2月のキヤノンギャラリーでの写真展および2016年11月出版の写真集出版に向けて大きな宣伝効果となりました。

山と溪谷 2008 6月号

山と溪谷 2006 6.jpg
2008年に発売の月刊誌「山と溪谷」6月号に「Massif du Mont-Blanc」の写真3枚を巻頭グラビア6ページ(P.4-9)に掲載しました。5月の富士フイルムフォトサロンの写真展および写真集出版に向けて大きな宣伝効果となりました。

山と渓谷 2006 7月号

山と溪谷 2006 7.jpg
2006年に発売の月刊誌「山と溪谷」7月号に 2005年に妻とのモン・ブラン登頂記録「生きる証 ガンを克服するためのモン・ブラン登頂への道」(P.171 文と写真 大野崇)を掲載しました。厳しいガン治療を乗り越える大きな目標となった、モン・ブラン登頂。国際ガイドの江本悠滋氏のリードにより見事、登頂に成功しました。ガンのみならず、闘病生活を送る多くの方々の励みになれば幸いです。

ROCK & SNOW 043

R&S 043.jpg
山と溪谷社刊のROCK & SNOW 043 春号 P.45 「ヨーロッパ三大北壁スピード登攀」の記事にグランド・ジョラス北壁とアイガー北壁の写真を掲載しています。是非ご覧ください。スイス人ガイド、ウエリ・シュテック(32)は昨年2月にアイガー北壁2時間47分、12月にグランド・ジョラス北壁:2時間21分、今年1月にマッターホルン北壁:1時間56分といずれも最短時間でソロ登攀。新記録によるスピードクライミングの三部作を1年足らずで完成したのです。